おしらせ
        

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.11.11 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Blackstreet(ブラックストリート) 来日公演 at ビルボードライブ東京 09

Blackstreet
2月13日、ブラックストリートのビルボードライブ東京初日公演に行きました。

ブラックストリートは、マイケル・ジャクソンやボビー・ブラウンはじめ無数のアーティストの楽曲を手がけたスーパー・プロデューサー、テディー・ライリー率いるR&Bグループです。
ブラックストリート ディスコグラフィー

今年に入って初のライブです。
翌日に鑑賞予定していたジャネット公演が延期になったので、直前までドップリ、ブラックストリートにつかり直して、この日を楽しみに待っていました。

1年強前に、ここBBL東京でテディー・ライリーのライブを見に行きましたが、そのときはADIDAなる即席ユニットを引き連れて、Guy、ブラックストリートそしてテディーズ・ワークを織り交ぜたステージでしたが、今回はブラックストリートという事で、全く違うテディーが見れるので期待が膨らみます。
テディー・ライリー 来日公演 at ビルボードライブ東京

一段と景況が厳しくなってきていますが、開演前のミッドタウンはそんな事をみじんも感じさせません。

フルハウスです。

バックバンドがセットポジションにつき、ジングルが流れると、すでに全員総立ちです。

ステージ左端最前面に置かれたローランドには、ヴォコーダーのチューブがセットしてあります。

これだけでもワクワク!

おそろいの白のジャケットに黒のレザーパンツ、黒のデッキシューズにそれぞれのインナー。
ブラックストリートはエリック、マーク、チャウンシー、そしてテディー・ライリーの順に登場。
ちなみにテディーはマイケル・ジャクソン風白のVネックTシャツ!

オープニングは、
”Blackstreet Intro”〜”This Is How We Roll”〜”Ticket To Ride”
続いて、
”Don't Leave Me”
2人づつに分かれた振付に、絶妙なコーラス・ワークで沸かせます。
Make U Wet
テディーの一発目のトークボックスには思わず鳥肌でした。会場が揺れます。
Booti Call
チャウンシーが上着を脱ぐと、パキパキにカットが入った超マッチョ・ボディ!
"Never Gonna Let You Go"、"Joy"
の2曲はマークがリード。ファルセットが冴え渡り、他のメンバーが冷やかします。
続いて、
Deep”、”You Made Me”、”Don't Touch”、”Fix
といった代表曲を立て続けに歌います。
ほとんどトークがなく、ノンストップです。
その代わり終始、チャウンシーを中心に、"Put Your Hands Together!"、"Somebody Scream!"とお約束の言葉でアオり続けます。

観客はイマドキのB系若者より、圧倒的に僕と同年代のビジネス・スーツ姿や、ちょっとバブルを思い出しそうなファッションの女性が多いです。
リアクションは、最高です。

他のメンバー3人が下手(しもて)にはけて、テディー1人がローランドに向かうと、
ヴォーカル・エフェクトを使って、
"My Prelogative(Bobby Brown)"〜"Now That We Found Love(Heavy D & The Boyz)"〜"New Jack Swing(Wrecks 'n' Effect)"〜"Teddy's Jam(Guy)"〜"Remember The Time(Michael Jackson)"
テディーズ・ワーク・メドレーです。
"Teddy's Jam"では、ついにテディーのランニング・マンが炸裂、
マイケルの"Remember The Time"ではなんと、ムーンウォークです!

続いてGuyの"Let's Chill"
やってくれました。ほとんど死亡寸前です(笑)

25年の活動と数々のアーティストと一緒に仕事が出来た事への感謝の辞に続いて、
「コレをやっとかないとね」ということで、
"No Diggity
原色のサイケディックなライティングで踊り狂って、ステージを後にします。

アンコールは、「これが、僕たちの変わらない気持ち」というメッセージとともに、
"(Money Can't)Buy Me Love"
ジーンときました。

もっともっと聴きたい曲がたくさんありましたが、みじんの衰えも感じさせない、見事なステージでした。

繰り返しますが盛り上がりも最高。

そしてチームワークのよさに安心するとともに、そのフレンドリーな姿勢に、一層テディー・ライリーとブラックストリートに引き込まれるのでした。

ひそかにニュー・アルバムにも期待です!
(おまけに、マイケルのニュー・アルバムにも期待です!)

ブラックストリート ディスコグラフィー

テディー・ライリー 来日公演 at ビルボードライブ東京

JUGEMテーマ:音楽
 

スポンサーサイト

  • 2016.11.11 Friday
  • -
  • 14:39
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
リメンバーもやったのですね!!(やはりそこには食いついておこうかと笑)

ブラックストリート、ちょっと気になっていたのですよね・・・。とても素敵なライブだったようで良かったですね(^^)
ヴォコーダーいいなあ・・・♪

  • ゆうき
  • 2009/02/18 7:54 PM
>ゆうきさん
前回の来日でもやってくれましたが、リメンバ最高でした!

ゆうきさんも機会があれば一度行かれたらいいですよ。
ヴォコーダーもやりたくなります(笑)
  • やも
  • 2009/02/19 12:52 AM
はじめまして。

選曲、曲順もよかったですねー!
メドレーの後に Let's Chill が来たときは卒倒しそうになりました!

テディーを師匠と崇め、はずかしながら、トークボックスやっております。
  • SNJ
  • 2009/02/21 2:53 PM
はじめまして。
今ニューヨークに遊びに来ているのですが、数時間前にBBKINGライブハウスで観てきました。
一時間サウンドチェックで待たされ、24:00スタートの25:20くらいまで。目茶目茶盛り上がりました。ワーク・メドレーは多少順番が違っていました。アンコールは一緒。MCはたくさん入りました。日本でのことも少し話していました。黒人の方が歌に合わせて、恋人と抱き合ったり、キスしてたりしてたのはやっぱ文化の違いですかね。
2人上半身裸になりましたけど、すごい体でしたね。
とにかく最高でした!!
  • dragon
  • 2009/02/21 4:19 PM
>SNJさん
はじめまして!ご来訪ありがとうございました。
Lets Chill、ないだろうと思ってたのでなおさら感動しましたね。
テディーほど達成した人があのホスピタリティですもんね。本当最高でした。

SNJさんのPV拝見しましたYO!
テディーばりのトークボックス、メチャメチャカッコイイですね〜!
東京でイベントあるときはぜひご案内くださいませ。
  • やも
  • 2009/02/21 4:24 PM
>dragonさん
はじめまして!
NYからの貴重なレポート、ありがとうございました!!!
熱気が伝わりました。

来日したアーティストが、日本のオーディエンスはマナーがよすぎるという事をよく言いますね。
それにしても、チャウンシーの体は、本当にスゴカッタです。
  • やも
  • 2009/02/21 4:42 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック